「ひら茶」に行ってきました!(平林)

2020年07月06日

みなさん、こんにちは!地域支援担当の谷口です。

6月18日、平林地域のふれあい喫茶「ひら茶」に行ってきました!
梅雨の時期ということもあり、当日は雨が降っていましたが、100名以上の方が来られていました。

参加者から再開を待ち望む声が多く、それに応えたいと思い切って再開に踏み切ったそうです。
DSC08016.JPG

今回のメニューは、厚切りのトースト・ゆで卵
↓↓↓
DSC05651.JPG

そして、手作りスイーツ❤
DSC05647.JPG

会場では、新型コロナウィルス感染拡大防止のための対策を入念にされていました。
入口での検温や手指の消毒。

DSC08024.JPG

ボランティアさんはフェイスガードの着用👀✨

DSC08010.JPG

他にも、食材には極力触れないようにボランティアさんは手袋の着用、個包装のジャムやマーガリン、使い捨ての容器の使用、参加者には対面での着席を避けるように促すといった様々な予防策を取られていました。

地域の皆さんが、細心の注意を払って地域活動を開催されています。

「会いたかったわ〜」「元気やった〜?」などたくさんの会話が飛び交い、久しぶりの喫茶再会を楽しまれていました!
とても賑やかな様子で皆さんの表情はとても晴れやかでした☀

夏本番がすぐそこに来ています。熱中症には十分に気を付けてくださいね。
posted by さざなっちゃん at 14:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「つながりを絶やさないために」見守り支援活動(太陽の町)

2020年06月09日

みなさん、こんにちは!地域支援担当の岡本です。
だんだん蒸し暑くなり、梅雨の気配を感じますね。

あじさい.jpg

今日は、住之江区社会福祉協議会で現在取組み中の見守り支援活動を紹介します!

現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、自宅で過ごす時間が長くなり閉じこもりがちになっている方もいるとの声も聞きます。そこで、地域の方とのつながりを絶やさないために、高齢者・障がい者の方々(見守り相談室 要援護者名簿の登録者)へ安否確認も兼ねて、大阪市社協から届いたタオルと啓発チラシ等を地域の方々に協力していただきながらお配りしています。

6月4日は南港の太陽の町へ行ってきました!

配布タオル見本.jpg

太陽の町 あったかネットコーディネーターの松岡さんが書いた絵ハガキも一緒に♪

封入作業.jpg

チラシの封入作業!

いざ出発.jpg

いざ出発!

この日は約100名の方に配布しました♪
今後、住之江区内の全14地域をまわっていきます!
新型コロナウイルス感染拡大が一日でもはやく収束し、地域のみなさんの元気なお顔をみられることを願っています。

集合写真.jpg

最後にみんなで集合写真💛
posted by さざなっちゃん at 11:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南港緑地域で「見守り・声かけ訓練」を実施しました。

2020年03月23日

皆さん、こんにちは。
住之江区では、地域住民の方々が区役所や区社協と協働しながら14の地域で見守り活動に関する「あったかネットサポーター養成講座」を実施しています。

今回は2月12日に南港緑地域で実施した「あったかネットサポーター養成講座」の様子をお届けします。
本講座は「地域でお困りの認知症の方や精神障がいの方に対し、どのようなお声がけをしていくか、適切な機関にはどのようにつなげていくか」を「見守り声かけ訓練」を通じてシミュレーション形式で考えていきながら、地域住民、福祉事業所等の「顔の見える関係性づくり」を目的に、水都国際中高一貫校の体育館で実施しました。

はじめに、認知症初期集中支援チーム(さざんかオレンジチーム)から、「認知症の方へのお声がけの方法や関わり方」についてお話いただきました。

DSC07639.JPG

DSC07647.JPG

お困りの方が安心できるお声がけや、困ったときにどこへ連絡すべきかについて丁寧に説明してくれました。
お声がけのポイントは「認知症の方の正面で視線を合わせながら話しかけること」や「驚かさず、急かさず、自尊心を傷つけないこと」。
認知症の方の物の見え方や音の聞こえ方に触れながら、相手を尊重したお声がけについて教えていただきました。
その後に、街中で徘徊されているご高齢の方への対応と精神障がいを持つ方への対応の二事例を基に、地域住民の方や福祉事業所の方々がそれぞれの役割を演じながら「見守り声かけ訓練」を行いました。

DSC07661.JPG

どちらの事例も、「どのように声かけをすれば、ご本人が安心できるのか」「ご本人が感じている不安や不満は何だろう」といった視点で、情報提供やお声がけの仕方など、どのような配慮ができるのかを参加者全員で考えながら、各関係機関の役割や連携の方法について学びました。
訓練を終えると、「あんな風に話を聞いてもらえると、気持ちが落ち着くとわかった」「お困りの方への対応が分からない方も安心して、『次からはこうお声がけすればいいのか』というお手本になる」といった声が挙りました。

DSC07708.JPG

DSC07693.JPG

お困りの方へのお声がけの方法や各関係機関との連絡について、訓練の様子を見て感じたことをぜひ実践していただければと思います。
ご参加いただいた地域の皆様、各支援機関の皆様、ありがとうございました。
(松尾)
posted by さざなっちゃん at 10:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする